インターナショナル・キルトウィーク横浜へ ③面白い出来事
前回の続きもあるのですが、ちょっと時間を戻して、今日は、授賞式前の面白い出来事の話を…。

横浜キルトウィークに来て、アレって思ったことがあります。
会場に入ったら、制服を着た女子高校生が結構いるのです。
「ヤバ~、コレ、メッチャかわいいー」と携帯で作品の写真を撮っていたり:*( ̄∀ ̄)*:…。
(私の作品も撮ってくれていて、うれしかったです(*^^)v)

キルトウィークで、高校生の部という企画もあったようです。
そして、その子たちの授賞式もその日にありました。

私の席の後ろに、ガヤガヤした団体?が座ってきました。
何と男子の高校生3人とその先生(女性)が、授賞式の時、誰があいさつするか楽しそうに(?)モメています。(笑)
「先生、オレ無理~、気持ち悪くなってきた~」
「何言ってるの、大丈夫よっ」などなど…。

賑やかだったので、つい声をかけてしまい(←私…、おばちゃんになってきたワ)、お話を聞きました。
その子たちは高校生の団体の部で、準グランプリを受賞したそうです。
男の子たちがキルトをしているの~!?とおどろきでした。
家庭科の先生2人が指導して、受賞も何回かされているそうです。

また、その子たちは愛知県の高校で
私は名古屋出身だし、ちょっと盛り上がりました。

これはこれは、楽しい席に座らせていただきました。
これも良い思い出です ♪。

話もひと段落して、私は前を向き、式が始まるのを待っていました。
そこに、突然、若い二人の女性が私のところにやってきました。

え?何?誰?

女性「わたくし、パッチワーク通信社の、○○と申します。この度は受賞おめでとうございます!」
と、私に名刺をくださいました。

私「ありがとうございますm(__)m」

心の中の私「え?何?出版社の方が何の用事?ひょっとして、パッチワーク通信にブログ紹介してもらった件?とか?え?取材?インタビュー?」とドキドキしていたら、


女性「授賞式の後、生徒の皆さんで記念写真を撮らせていただきたいのですが…」

私「え?(?_?)」

女性「先生?ですよね?」

私「私違いますよ…(^_^;)、先生はこの方ですよ…」と後ろを振り向いて…

女性「すみませ~ん」アタフタ…
私「いえいえ…」アタフタ…。

私が手に持っている名刺は「あ、もしよかったら、どうぞ~」と、そのまま、くださろうとしましたが、私はいただく筋合いではないので(^_^;)
後ろの先生にお渡ししました~ (^_^)v。

そして、この一部始終を、何と、生成りのレースさんとyumehonokaさんは、後ろ(勿論二人はまだ出会ってないので別々に…)で、見ていたそうです。

あとで、お二人に、
「そうそう、はなさん、先生にまちがえられていたでしょー!見てたわよ~」
「あ、私も見てた見てた~」

と。またこの話でも盛り上がってしまいました。

若い、高校生の作品を紹介しましょう。
元気がもらえそうです!

後ろの男の子たちの作品・団体の部 準グランプリ「祈り」
d0146162_7411573.jpg

オリンピックをテーマにしたそうです。
オリンピックの競技のマークがちゃんとついてますね。

団体の部 グランプリ(コチラは女子高生たち)「How Cheer!」
d0146162_74291.jpg

栄養のある美味しい物を食べて、元気な体を作り…という気持ちも込められています。


個人の部 グランプリ「ハッピー☆チルドレン」
d0146162_7451222.jpg

個人の部 準グランプリ「にぎやかな町」
d0146162_7454471.jpg


二人とも、長崎の高校生(女子)でした。
今もこんな素晴らしい作品ができるのに、将来が楽しみです。
[PR]
by hana-patch | 2008-11-12 08:11 | Comments(6)
Commented by 240 at 2008-11-12 15:49 x
楽しい出会いがあったのね~
ハプニングも…(笑
最近は男の子たちもチクチクするのね
ドームでも子供のコンテストに男の子の作品を見たりするわ
虫や恐竜がモチーフになっていたりして楽しいの
これも男の子らしくて力強い作品だわ
そのうちキルトの貴公子なんて出るかもね~(笑
Commented by hana-patch at 2008-11-12 21:04
240さんへ

こんばんは。
高校生の男の子と先生の会話を聞いていて、何か微笑ましくなりました。
男の子の作品は、力強いですよね。
授賞式の時、まだこの作品を見ていなくて、先生が
「お布団見たいな作品だけど、見てやっってください~」と(笑)。
キルトの貴公子出るといいですね~。

ハプニングは驚きでしたね~。
Commented by mika☆ at 2008-11-13 12:37 x
おもしろい♪
はなさんがおばちゃんになって話かけたのもビックリだけど
先生に間違えられたことがおかしくって爆笑しちゃった。

それにしても高校生って事はうちの長男がキルトを作るってことだもんね?
考えられないけど今までは女性の世界と勝手にこっちが思っていた
分野にこれからはどんどん男性にも入ってきてもらって新しい風を
吹き込んでもらいたいもんですね。
ま、うちの息子もキルトはしないけど看護師目指してるのである意味女性の世界に一歩踏み込もうとしてます。

いいなー高校生。
パッチワークって本来はこうして生活の一部をキルトにするのよね~。
とっても和みました。
Commented by apricot at 2008-11-13 14:28 x
こんにちは〜。
楽しいお話、読ませていただきました〜。
男子高校生がキルトを作ってしかも準グランプリっていいですね〜。
うちの息子では考えられないわ〜。
はなさんが思い切っておばちゃんになって(?)話しかけられたからこそ、の出会いですよね。
それにしても、私も高校時代からキルトをしていれば、もっともっと作品が出来たのにな〜なんて思いますね。
Commented by hana-patch at 2008-11-13 14:49
mika☆さんへ

こんにちは~。
mika☆さんだったら、話しかけてた??(笑)
出版社の方が来られた時は、心臓がバクバクしちゃいましたよ~。
とんだ勘違いでございました…。

高校生…、mika☆さんところは男の子だよね。もう将来の夢があるのですね!素晴らしいです。

高校生の作品見て、元気をもらったようです(*^^)v。
Commented by hana-patch at 2008-11-13 14:52
apricotさんへ

こんにちは。
apricotさんところも男の子でしたね~。
ウチは女の子だけど、それでも考えられませ~ん。(ボタンつけ、できたかな?(?_?))

ホントホント話しかけて良かったです。みんな純粋な子ばかりで…。
今世間では、いろんな問題が起こっているけど、こういう、生徒と先生の良い関係を見て、嬉しかったです。

私も~、もっと早くパッチワークしていれば良かった…と思います!
<< インターナショナル・キルトウィ... インターナショナル・キルトウィ... >>