はなちゃん、ありがとう。
少しご無沙汰してしまいました…。
先週は、とても辛い出来事があり、なかなか更新できませんでしたが、
前を向いていくためにも、ブログを再開しようと思います。

実は…、
我が家の愛犬「はなちゃん」が天国に旅立ってしまいました。

かわいい子犬の頃から育て、
毎朝毎夕散歩をして、
はなちゃんには、いつも癒され、
心から愛おしく、大切にしてきました。

はなちゃんは、長女が小学生、次女が幼稚園の時に、我が家にやってきて、
まだ子どもだった娘たちは、はなちゃんと共に成長しました。
以前、私が毎日仕事に行っていた時、
娘たちのお留守番には、はなちゃんが私の代わりにそばにいてくれて、助けてもらいました。

はなちゃんは、10年間一緒に暮らしてきた、大切な家族で、
たくさんの楽しい思い出を作ってくれました。
幸せな時間を、たくさんくれました。
はなちゃん、本当にありがとう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はなちゃんが、大変な病気になっていると知らされたのは、今年の1月3日でした。
その時、あまりにも短い余命も告げられ、まさかそんな状態になっているなんて、信じられませんでした。

9月から、何度も獣医さんに診てもらって、一通りの検査もしていました。
その時は異常も見つからず安心していたのですが、年末に具合が悪くなりました。
年明けは、思うことあって、違う病院に行き、もう少し詳しい検査をしたのですが、
そこで、その事実を告げられました。
詳しい検査をしなければ、この病気は見つからないそうで、
もし、秋に見つかったとしても、ただ、早くわかったというだけで、
はなちゃんの場合は、手の施しようはなかったようでした。

年明けに、ご心配おかけするような記事を書き、ブログを休んでしまいました。
何をしてもすぐに涙が出てきて、食欲不振も不眠症も、そのせいでした…。

そのような中、立ち直るきっかけがあった出来事や言葉があり、
まだ、残された時間があるのだから、その時間を大切にしなければいけないと思いました。

1月中旬にブログを再開して、はなちゃんのことは、あえて話題にしなかったのですが、
それ以外の話題、主にパッチワークの事など更新したり、
お友達とコメントのやり取りなどすると心が和らいで、頑張る支えにもなっていました。

私なりに頑張ってお世話をして、この2か月過ごしてきました。
はなちゃんを家に一人きりにさせないと決めて、
日々の買い物や用事は、次女が学校から帰ってからにして、
主人のいる土曜日に、出かけさせてもらったのが3回…、
あとは、ずっとずっとはなちゃんと一緒にいました。
幸い、そうすることができた私は、恵まれていると思いました。

年明けは、調子が良くなかったはなちゃんでしたが、その後、元気になった時期がありました。
本当に嬉しかったです。
悲しんでいる私たちのために、もう一度元気になってくれたのではないのか…と思いました。
もし、年明けの具合が悪いまま、天国に行ってしまったら、私たちの悲しみは、もっともっと深かったと思います。
獣医さんからは、犬が食べてはいけない物以外だったら、何でもあげて良いと言われたので、
美味しい物をいろいろ食べました。
大好きなお散歩も、頑張っていきました。
毎年楽しみにしている節分の豆まきも喜んで、お豆も食べていました。

それでも、病気には勝てず…、
痛がったり苦しんだりということはなかったので、それだけが救いでしたが、
だんだん弱ってきて、とうとうお別れの時がきてしまいました。
最期は、平日のお昼だったので、私一人の時でしたが、私の腕の中で看とることができました。
とても安らかな可愛い顔で、眠っているようでした。

はなちゃんは、たくさんのお花と、大好きなおもちゃ・おやつと、そして私のキルトも1枚入れ…、天国に旅立っていきました。
とても温かい霊園で、家族4人で、お見送りをしました。

今まで、大切な肉親を何人も失ってきましたが、
立ち直っていくのは、やはり、日にち薬でしょうか…。
しばらくは、心に穴があいてしまった感じがすると思います。

でも、泣いてばかりいて、しょんぼりしていては、はなちゃんも喜ばないと思います。
もし、私が死んで、家族の皆が元気でなくなってしまったら、私も悲しいと思います。

昨日はレッスンも再開し、生徒さんからも励ましていただきました。
おかげさまで、何とか、頑張ることができそう…と感じました。

私のハンドルネームやブログのタイトルは、はなちゃんが由来でしたが、
今後も、「はなはなパッチワーク」で、続けたいと思います。
そして、無理なく、マイペースで続けていこうと思います。

このポチっとマークも、これからも、はなちゃんのお手手を貼り付けておくことにします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

ついつい、長くなってしまいました。
おつきあいくださって、ありがとうございました。
[PR]
by hana-patch | 2013-02-28 09:59 | Comments(32)
Commented by tyura4488 at 2013-02-28 10:41
タイトルを見て、もしかしたらと飛んできました。

はなさん…どんなに辛く悲しい気持ちでいたことか
途中で読めなくなってしまいました

ブログのタイトルもはなちゃんのお名前から
たくさん愛して、
共に生きてきたんですものね

今は辛すぎて、深い悲しみの中だと思います
でもはなさん一家の家族としてはなちゃんは
本当に幸せだったと思います

思い出抱きしめて、一杯語りかけてあげて
そして…はなさん元気出してくださいね

きっとたくさんの方がはなさんを心配して
守ってくれると思います
負けないで…はなさん
Commented by よもぎ at 2013-02-28 14:42 x
はなさん、悲しかったね。
ほんとにつらくてかわいそうでがっかりだったね。
はなちゃんは家族に感謝しながら旅立ったと思います。
Commented by 生成りのレース at 2013-02-28 14:59 x
ワタシもちゅらさんと同じ。タイトルが気になりました。
更新が途絶えていたからちょっと気になっていましたょ。

本当に辛いお別れでしたね、
はなさんのキルトを入れてあげて
ご家族みんなで見送られたのですね〜
たくさんの愛情をお互いに貰って〜大きくなって/と思うと
こみ上げてくるものがいっぱいです。

そう〜『はなはなパッチワーク』だわん!!って
お空から応援してくれていますよ|

優しいはなさんの笑顔〜が早く戻りますように・・・
Commented by julu at 2013-02-28 15:08 x
ずっと更新がなかったので、もしかしたら・・・と思っていました。
でも最期にそばに居てあげられて良かったですね。
泣きたいときは泣きましょうね^^
元気だしてね。

Commented by apricot at 2013-02-28 16:03 x
しばらく更新されてなかったから、もしや、と思い、メールしようか、でも・・・と迷っていたところでした。
記事を拝見して・・・涙が止まらなくなってしまいました。
私ですら、こんなんだから、ここまでブログを書くのはきっとお辛かったことでしょう。

はなさんもご家族も、すごくはなちゃんのことを考えて頑張って来られたよね。
本当にお疲れ様でした。
きっと、はなちゃんも幸せな気持ちで旅立たったことと思います。
ごめんね、なんか、うまく書けないんだけど、
暖かくなった頃に、少しでもお元気になられたはなさんに、またお会いできるのを楽しみにしていますね。
Commented by bbwan at 2013-02-28 17:34
私もひょっとしてと思いながら今日このタイトルを見つけました。
いつかはお別れがくるとはわかっているのですけれども、いざそのときがきたらつらく寂しいものですね。
でも腕のなかで看取ることができたし、ずっと一緒にいられてはなちゃんは飼い主さん孝行な犬だと思います。

先日、やはり親しい友人がペットを看取りました。 後悔ばかりが残るその友人はアニマルコミュニケーターという動物と会話ができるかたにお願いしたところ、「最後まで一緒にいて、腕の中で亡くなったことを褒めてね」ーとペットがそういっていたそうです。   そして「いつでも思い出してくれたら側にいるよ」と、、、、。

しばらくは寂しいときが続くでしょうが、きっと笑顔で思い出を語れる日がくることでしょう。 

私も「はなちゃんとキルト」でこちらのブログに気をとめて、作品展であらためて生はなさんにお目にかかれて今に至っています。 はなちゃんが結んでくれた縁だと思っています。 ありがとうございました。
Commented by あくび at 2013-02-28 17:44 x
はなさん 辛かったね。 よく耐えられたましたね。
更新が途絶えていたので、はなさんの体調を気にしていましたが
はなちゃんのこととは全く考えていませんでした。

たまらなかったと思います。
私 もう涙でぐしょぐしょで、
はなさんになんて言葉をかけてあげればいいのかわかりません。

3年半前に、あくびを8歳で逝かせて、その時のことが思い出され
はなさんも同じ思いをされているかとおもうと
かわいそうでなりません。私は今もひきずっています。
励ましのコメントをしたいのにできないのです。

でもね、我が家があくびがいてくれて幸せだったように
あくびも私たちのところで幸せだったと思っています。

はなちゃんもはなさんの家族の一員で
きっと間違いなく幸せでしたでしょう。

それだけを思って
無理なさらず、気持ちを自然にまかせてね。

このコメントがよけいにはなさんをお辛くさせるかもと
思いながらも届けます
明日から三月
春の明るい陽ざしも届きますように。
Commented by カシス at 2013-02-28 18:13 x
はなさんの腕の中で安らかに眠ったことでしょうね~
小さなころからではさぞやおつらかったことでしょう

病気でありながら動物って弱みを見せないんですよね。。
文面からあふれる愛情が伝わります
どうぞいっぱい泣いてあげてほしいです

これからもずっといっしょですよ
Commented by miyuki at 2013-02-28 18:45 x

はなさんも ご家族の皆様も 本当にお辛かったですね。
一人ぼっちにしなかった 優しいお気持ち
はなちゃん 嬉しかったと思います…

かわいい仕草のはなちゃん 
私もずっと忘れません、はなちゃん ありがとう。

大好きな 2010.12.6の記事をもう一度見てから
今日は帰ります…

はなさん 悲しくなったら 空を見上げてね、
いつも はなちゃん一緒です。  
Commented by 240 at 2013-02-28 19:47 x
いつもかわいらしい仕草のはなちゃんのファンだったのでまさかという思いです
残念なことでしたね…
かける言葉も見つかりません
雛壇の後ろに潜り込んでいたはなちゃんや、ドアの隙間のはなちゃん
いろんなはなちゃんを思い出します
はなちゃんへの愛情があふれていたことも…
元気出してくださいね
Commented by ひろり at 2013-02-28 20:42 x
読みながら涙が止まらなくて…
辛かったですね。
はなちゃんファンだったので、私も辛いです。
いつかはなちゃんにお会いしたいと思っていたのですが、叶わない願いになってしまいました。
はなちゃんは、はなさんとはなさんのご家族と過ごされて幸せだったと思います。
悲しいと思いますが、気持ちを前向きにお過ごしくださいね。

Commented by きりん at 2013-02-28 22:20 x
悲しいです。。
今生徒さんから「はなさん所の・・・」
と知らせてくれてビックリしてパソコンを開けました

家族がいなくなってどんなにつらい事でしょう

うちのももは9月の手術後体重も戻り元気になってます
毎日しこりが無いかチェックは欠かしません・・・

はなさん
泣きたい時は泣いて下さいねッ
無理しないで下さい。

暖かい家族のもとでくらせて、はなちゃん幸せでしたね!

きりんの復活はもう少しかかりそうですが
会える日を楽しみにしたいと思います
Commented by hana-patch at 2013-02-28 22:25
☆ちゅらさんへ

温かいお言葉ありがとうございます。
はなちゃんが旅立って1週間…、少しずつ気持ちも落ち着いてきたようです。
毎日はなちゃんの写真を見て、語りかけています。
そして、これからもそうしますね…、幸せをたくさんもらった事を思い出しながら…。

ちゅらさんにまで、悲しい思いをさせてしまって、ごめんなさいね…。
ちゅらさんのお優しい気持ち、とても嬉しかったです。
Commented by hana-patch at 2013-02-28 22:49
☆よもぎさんへ

よもぎさん、ありがとうございます…。
よもぎさんの優しい声が聞こえてきそうです。
悲しくて、辛くて、かわいそうで…、はなちゃんがいなくなってしまい、がっかり…、
ほんとうにその通りでした…。

動物は話すことができないから…、はなちゃんは、私たちの事どう思っていたのかな…と、
娘たちと話していますが、
そのように思っていてくれると、嬉しいですね。
Commented by hana-patch at 2013-02-28 23:00
☆生成りのレースさんへ

ご心配おかけしていましたね…。
生成りのレースさんも、数年前、チャッピーちゃんとの辛いお別れがありましたね…。
本当に、お互いにたくさんの愛情をもらって…ですよね。
キルトは、ハウスのミニキルトを入れましたよ。

はなちゃんは、空から応援してくれるでしょうか~?
はなちゃんのことをずっとずっと思っていられるように、ブログも続けていきますね。
ありがとうございます。
Commented by hana-patch at 2013-02-28 23:15
☆juluさんへ

juluさん、心配してくださっていたのですね…。
juluさんにはいつも気にかけていただき、そのお気持ちがとても嬉しかったです。
いろいろと本当にありがとうございました。

最期はそばにいることができて、良かったです。
本当に…、泣きたい時は思いっきり泣いて…、
それからまた元気出して頑張ります^^!
Commented by hana-patch at 2013-02-28 23:15
☆apricotさんへ

ご心配おかけしましたね…。
そして、apricotさんまで泣かせてしまって、本当にごめんなさい。
気持ちが前向きになってきたら、ブログを更新しよう…と思っていて…、
それで書いていたら、今までの事とか、いろいろ思いだして、たくさん書きすぎてしまいました…。
でも、書いたら、頑張ろう!という気持にもなってきました。

温かいお言葉ありがとうございました。
是非、暖かくなった頃、またお会いしたいです。
Commented by hana-patch at 2013-02-28 23:16
☆bbwanさんへ

その通りですよね…、子どもの頃から家には犬がいて、
いつかは先に天国へ行ってしまう分かっているのですが、
いざその時が来ると、どうしようもないくらい辛いですよね…。
先日bbwanさんのお友達も、辛い思いをされたのですね。
アニマルコミュニケータ―さんの言葉にも救われます…。

腕の中で旅立ってくれたはなちゃん…、そうですよね…、飼い主孝行で、本当に優しいワンコですね…。
bbwanさんとは、はなちゃんが結んでくれたご縁だったのですよね。
それもはなちゃんに感謝しなくては…。
Commented by hana-patch at 2013-02-28 23:17
☆あくびさんへ

あくびさん、気にしてくださっていたのですね…。
そして、涙をたくさん出させてしまい、本当にごめんなさいね…。
そのように思ってくださるだけで、ありがたいことです。

あくびさんも辛い思いをされたことがあるのですね…。
こちらこそ、思い出させてしまったようで、申し訳ないです…。

同じように、ペットと過ごして幸せだった時もあり、
そして、辛いお別れもあった…、みんな一緒ですよね。
それと…、「あくびちゃん」という名前だったのですね!私の「はな」と一緒だったのですね。

コメントとても嬉しかったです。
Commented by hana-patch at 2013-02-28 23:17
☆カシスさんへ

カシスさんも、ペットを飼っていらっしゃるし、辛いお別れもされたことがあるから、
私の気持ちをすごくわかってくださると思います…。
そうですよね…、動物って、何も言わず我慢強く頑張っているから、本当にかわいそうになってきてしまいますよね…。

泣きたい時は、思いっきり泣きますね…。
これからもずっといっしょ…
温かいお言葉ありがとうございます。
Commented by hana-patch at 2013-02-28 23:19
☆miyukiさんへ

miyukiさん、温かいお言葉ありがとうございます。
そして、はなちゃんの昔の記事も覚えていてくださったのですね。
嬉しいです。

1月は事情も言っていなかったのに、miyukiさんからいただいたお言葉は、心に浸みわたりました。
はなちゃんに残された時間を神様がくださった時間と思って、大切に過ごし…、お散歩の時は空を見上げていました。
立ち直るきっかけになりましたよ。

これからも、悲しくなったら、空を見上げますね…。
Commented by hana-patch at 2013-02-28 23:20
☆240さんへ

私がはなちゃんの事をアップすると、240さんはいつも温かいコメントをくださっていましたね。
いろいろなはなちゃんを覚えていてくれて、嬉しいです。

そのように思ってくださるだけで、十分240さんの気持ちが伝わってきて、
本当に励まされます。

いつまでも、くよくよしていたら、頑張ったはなちゃん申し訳ないですよね。
元気出して、前を向いていきますね。
Commented by hana-patch at 2013-02-28 23:21
☆ひろりさんへ

ひろりさん、涙を流させて、本当にごめんなさいね…。

ひろりさんも、はなちゃんのファンでいてくださって、とても嬉しかったですよ。
以前お会いした時、ひろりさんから「はなちゃん、本当に可愛い」と言ってくださった事を覚えています。
本物の、はなちゃんに会わせてあげることが出来なくて、私も残念でなりません。

日にちが少し経ち、気持ちも少しずつ落ち着いてきましたから、
前向きに過ごすようにします。
Commented by berry at 2013-02-28 23:29 x
タイトルを見て飛んできました。
先月末に実家の猫を亡くしたばかり
ウチも去年の秋に病気が分かり…
2回入院して、自宅では一人にしないで…。
はなちゃんととてもダブります。
はなさんのお気持ちもすごく分かります。
色々と思い出されてまだ辛い時だと思います。
ああ、涙が出ちゃう。。。はなちゃんが幸せだった事は確かです。

Commented by hana-patch at 2013-02-28 23:34
☆きりんさんへ

まぁ、わざわざ生徒さんが知らせてくださったのですか?
それで、パソコンを開いてくださったのですね…。
1月にパソコンにメールを送りましたが、届いていましたでしょうか??

ももちゃん、元気になられて何よりです。
きりんさんも心配されたことでしょうね…。
大変な手術を乗り越えたももちゃんには、絶対に長生きしてほしいです!

励ましのお言葉ありがとうございます。
泣きたい時に泣いて、無理せず、頑張りますね。
Commented by hana-patch at 2013-02-28 23:47
☆berryさんへ

あらあら、飛んできてくださったのですね。
ありがとうございます…。

そして、先月にご実家の猫ちゃんもお亡くなりになったのですね。
入院もされていて…、良く頑張りましたね…。
皆さまも心配されたことでしょうね。
時期も同じで、私もberryさんのお辛い気持ちが本当によくわかります。
お互いに、前を向いて、頑張りましょうね…、無理をせずに。
Commented by さだやっこ at 2013-03-01 09:08 x
おはようございます。

寂しくなりましたね。去年の夏かな?秋かな?
はなちゃんの食欲がなくなったってブログに書いてあったので
心配してました。それからははなちゃんの事書いてなかったので
元気になったのかと思ってました。
はなちゃんも最後は、はなさんの腕の中で幸せに天国に行ったことでしょう。

ぼちぼち、頑張りましょう。この前ピッピさんとお会いして、はなさんの作品の繊細さを教えてもらいました。
色合いも優しくて、作品楽しみにしてます
Commented by quilt_mama at 2013-03-01 09:09
おはようございます。

はなちゃん、大変でしたね。家族の一員であるはなちゃんが天国へ旅立ってぽっかり穴があいてしまって...私もゴールデンのアンを想い出してしましました。病院へ連れて行って看病して、一日でも長く一緒にいたかったですよね。必ず別れはやってきてしまうけど...私はきっと幸せだったと思うし、私たちも幸せな時間を過ごしてきたはずだと思います。日にち薬がきっと良い時間に変えてくれますよ。私もそうだったから...はなさんご家族がはなちゃんの事を沢山想い出して、話しかけてあげて下さい♪しばらくは辛いでしょうが、きっと心が暖かくなる日は来ますよ❤
Commented by yukigonn at 2013-03-01 16:04 x
こんにちは。

はなさんの大切なご家族が
旅立たれたのですね。

はなさんご家族の一員として過ごしたはなちゃんは 
きっときっと楽しく幸せな時を過ごしたのではないかなと思います。

かわいい姿でブログに登場してくれて
はなちゃん ありがとう♪
かわいい姿をUPしていただいて
はなさん ありがとう♪
Commented by hana-patch at 2013-03-01 23:41
☆さだやっこさんへ

こんばんは。
ご心配いただき、本当にありがとうございます。

>ぼちぼち頑張りましょう…、
素敵な言葉ですね。
一気に元気になろうとせず、ぼちぼち行きますね。

パッチワークも、心の支えです。
私のでよければ、また、作品を見てくださいね。
Commented by hana-patch at 2013-03-01 23:57
☆quilt_mamaさんへ

こんばんは。
温かいメッセージ、本当にありがとうございます。
quilt_mamaさんのお話を聞いて、また一つ私も階段を上りました。

アンちゃんが亡くなられた時の記事は私もよく覚えていて、本当に泣けてきました。
quilt_mamaさんもパパさんも、お子さまたちも、悲しまれていましたね…。ウチも全く同じでした。

あの時お辛かったのを乗り越えられたquilt_mamaさんが、今はこのように私に励ましのお言葉をくださって…、
心に響きます…。

明日は、今日より元気になれそうです!
Commented by hana-patch at 2013-03-02 00:02
☆yukigonnさんへ

こんばんは。

いつかはお別れの日が来るとは、出会った時からわかっていたはずですが…、とうとうその時がきてしまいました…。
yukigonnさんにそのように思っていただけて、私も救われた気持ちになります。
最期の時を、見守る事ができた私は、幸せだったと思います。

はなちゃんに、ありがとう♪と言ってくださって、ありがとうございます!
はなちゃんは、「かわいい」と思ってもらえることが、本当に好きな子だったので(笑)、とても喜んでいると思います!
<< 心から感謝しています 持ち手作り >>