花柄のファン/ベルサイユのばら
先日言っていましたが、ファンのミニタペを作ろうと思っています。
まずは復習で、前回のパターンと同じものを作ってみました。
d0146162_13405280.jpg

あと何枚か縫って、花柄で、優しい感じのミニタペにしようと思います。
優しい色合いの布を見ていると、心が和みます。

―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―
次女の中学では、中学校3年生の時に、宝塚歌劇観劇という行事があります。
長女の時も、ありました。

宝塚市内ならではの、嬉しい行事ですね。
そして、今回は何と、
ベルサイユのばら オスカルとアンドレ編を観劇することになりました!
d0146162_835511.jpg

ベルサイユのばらと言えば、宝塚を代表する演目です。
なんてラッキーな学年なのでしょう!

学校でこんなプリントももらっていました。
d0146162_851079.jpg


ベルばらと言えば…
私も2001年のベルばらは、しっかり見に行きましたよ。
その時のプログラム
d0146162_855483.jpg

ビデオも買いました。
d0146162_861844.jpg

ベルばらの漫画も持っています。
d0146162_99848.jpg

これは、私が大人になってから買った小さめの文庫本ですが…、
子どもの頃は、ベルばらのマンガ10巻を姉が持っていました。

先日の3連休の時に、
私が「漫画あるよ、ちょっと見てみる??」なんて、言ってしまい、
次女は、すっかりベルばらにハマって、一心不乱にしっかり読んでおりました。
ああ~、受験生に漫画を与えてしまった…、いけない母親です…。

でも、漫画を読んでいったせいか、
観劇はとても有意義なものとなったようです。

そして、観劇を終えて帰ってきて、すごく良かった~~!!!と感動しておりました。

いつも応援のクリックありがとうございます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
ブログ村に遊びに行ってみてくださいね~♪

[PR]
by hana-patch | 2013-01-18 09:30 | ミシンキルト | Comments(12)
Commented by apricot at 2013-01-18 14:14 x
このファンのパターンをミシンで縫えるなんて、とっても魅力的〜。
「目からウロコ」な縫い方があるのでしょうか・・・。
優しい色合いで、ミニタペを作られるんですね。楽しみです♪

タカラヅカを観劇する行事って、さすが地元ですね〜。
しかも、ベルばら!
羨ましいです。
親も一緒に行きたかったんじゃないでしょうか?
私、安奈淳さんの時代を知ってるってヤバい?(でも、小学生だったって言い訳しておくわ、笑)

Commented by わふ at 2013-01-18 17:12 x
こんにちは。

レースと花柄の組み合わせ、ふんわりとしつつ
華やかで素敵ですね♪

ミシンピーシングはあまり本も出ていないですし、
1冊だけ持っていますが
全然アプローチが違いますよね。
どうやって作るんだろう、ファン・・・
いつか作れるようになってみたいです。

宝塚、うらやましいです!
一度も見たことないんですよねぇ。
地元ならではですね♪
Commented by taka at 2013-01-18 20:54 x
素敵です♪優しいファンが並ぶんですね。
想像しただけでなんだかワクワクします~。
ミシンピーシング、私も習いました。でも・・・忘れちゃってるかも。
やっぱり復習は大事ですね!

宝塚、私も未経験です~。一度見てみたいです♪
次女ちゃん、あともうちょっとですね。はなさんもお疲れでませんように。
Commented by bluerose at 2013-01-19 08:13 x
遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。とてもお元気になられたようで安心しました。私たちの年代(失礼、私よりずっとお若いですね(^^))肉体的、精神的にいろいろ変わりやすい時期なのでお気をつけ下さい。どうぞ無理せずに。毎回更新楽しみにしておりますのでマイペースで続けていだければ嬉しく思います。
ファンのパターン、はなさんらしい色で素敵!
お嬢様を思う気持ちにあふれてますね。
宝塚、地元ならではですね!私も漫画、全巻持ってました(^^)
Commented by hana-patch at 2013-01-19 08:16
☆apricotさんへ

そうなんです、ミシン講習はこの間で3回受けましたが、毎回、
え~~~!ほぉ~~と思っております。
今回は、ファンのパターンで、娘たちを応援したいと思います。

宝塚市にある中学ならでは!でしょ~。
確か長女の時は、小学校の時も、ショーだけ見に行っていたし、
お隣の小学校は、社会見学で、舞台裏の見学があったみたいです(←こっちの方が、興味深いですね~。絶対に入れないもの!)

フフフ…、私も初代ベルばらは衝撃的でしたよ。
勿論見に行ってはいないけど、社会現象になっていたのは記憶しています、同じく小学生~。
Commented by hana-patch at 2013-01-19 08:22
☆わふさんへ

おはようございます。
明るい未来が広がっていきますように~という願いを込めて、このような色合いにしてみました。
ほめていただきありがとうございます。

ミシンの本をお持ちなのですね。
そうですよね…、ハンドとはまた違ったやり方で、いろいろ勉強になりますよね。

宝塚歌劇はご覧になったことがないのですね。
私もここに引っ越してくる前は、無縁の世界でしたが、
一度見に行ってから、しばらくハマっておりました…。今は足を洗っていますが…(苦笑)。
Commented by hana-patch at 2013-01-19 08:28
☆takaさんへ

まぁ、takaちゃんに素敵と言ってもらえて、嬉しいです。
この春は、娘たちにいろいろ広がっていってほしいので、
ちょうどタイムリーにこのパターンを習えて、本当に良かったです。
そうそう、復習は大事ですよね。
特に、私の場合は、すぐにしないと忘れますので~~。

takaちゃんもタカラヅカは見たことがないのですね。
私も、ここに来るまでは無縁でしたが、一度見に行ったら、しばらくハマっていました…。
でも今は、近くて、すっかり遠いタカラヅカです…。歌劇の人も、知らない人の方が多くなってきたわ~~。
Commented by hana-patch at 2013-01-19 08:36
☆blueroseさんへ

私の方こそ、遅くなってしまいました…。
こちらこそ、どうぞ今年もよろしくお願いします。

んん??、いえいえ、確かblueroseさんとは、同じ年代だと思うような…(笑)。
そうなんです、お友達からも、更年期?で、感情がいつもより大きく働いてしまう事もあるよ…と、教えてもらいました。
言われてみて、本当にその通りかも…と思ってしまいました。
いろいろと温かいお言葉ありがとうございます。

このファンは、花柄だし、blueroseさんも気に入ってくださるかな??なんて思っていましたよ。嬉しいです。

ベルばらも、コミック版お持ちだったのですね。
本当にあのマンガは、名作ですよね。

Commented by ちぃ at 2013-01-20 07:26 x
優しい雰囲気の色合い、素敵ですね~。
これがミシンで縫えるのですか?

宝塚、私は観たことがないんですよ~。
こちらでも、観られる機会はあるのですけど。
(高校時代、何人かハマってた友達がいました。)
機会があれば、一度は観てみたいわ…って思ってます。
Commented by hana-patch at 2013-01-20 08:55
☆ちぃさんへ

今回の花柄ふわふわ~は、娘たちも気に入ってくれたので、良かったです。
↓のお正月バージョンは「!?」という感想でした(苦笑)。
そうなんです、オールミシンなんですよ。
他にもいろんなバージョンを習ってきたので、またつなげていったら、アップしますね。

こちらから東京に引っ越した友達が何人かいるのですが、東京宝塚劇場は、チケットがなかなか取れないと聞いています~。
私も10数年前かなりハマって、とんでもないことになっていましたが、
今は、年に一度行くかどうか…になってしまったかしら??

Commented by ひろり at 2013-01-20 08:59 x
ロマンチックなファンですね。
ミシン講習会に行かれて、ちゃんと復習までされてすごいです~
私も以前からファンのパターンのキルト作りたいなぁ~って思ってました。
もちろんハンドピーシングですが…
はなさんのお子さんは、宝塚歌劇鑑賞が学校行事なのですね。
我が家の子供たちは、浄瑠璃鑑賞やオーケストラを聴きに行く事だったようです。
同じ関西でも地域によって違うのですね~
遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。
Commented by hana-patch at 2013-01-20 09:10
☆ひろりさんへ

おはようございます。
先ほどいらしてくださっていたのですね~。

ミシン講習は月に1度で、とても楽しく参加しています。
ひろりさんもファンのパターンのキルトを??
お花のキルトに続き、嬉しい偶然です。
ファンは、末広がりで縁起が良いと聞きましたので、お時間ができた時は、是非ひろりさんも作ってみてくださいね~。

大阪はそのような行事があるのですね。
同じ関西でも、いろいろですね。

こちらこそ、今年もよろしくお願いします。
<< ウールのバッグ完成していました ミシンキルト講習1月 >>